美肌を保つために大切なこと|私のおすすめのオイル

美肌を維持するために大切なことの一つが肌のバリア機能を守ることです。バリア機能って何?という方たちに解説すると、肌には生まれつきバリア機能が備わっているんですね。バリア機能の働きは、花粉・紫外線・大気汚染などの外的刺激から肌を守ることと、肌内部の水分が逃げないように守ることです。バリア機能がきちんと働いていることで外部の刺激に負けない潤いのある肌が保たれます。
乾燥肌や敏感肌が気になっている方はバリア機能が落ちている可能性を疑ったほうがいいでしょう。
バリア機能の役割をしているのが肌表面の角質層。
角質層は角質細胞と細胞間脂質で構成されています。角質層がきれいに整って並んでいて、その細胞と細胞のすき間を埋めるように細胞間脂質が存在することで、しっかりとバリア機能が働きます。
乾燥肌や敏感肌が気になる方は、細胞間脂質が減少をして角質細胞と角質細胞の間がスカスカです。このすき間から肌内部の水分が逃げてしまったり、外部の刺激が入り込んで来たりしてしまいます。そのため、保湿化粧品でケアをしてもすぐに乾燥してしまったり、ちょっとした刺激にも敏感に反応をしてしまうのです。
肌のバリア機能を守るために大切なのが保湿なんです。保湿をすることで肌の生まれ変わりの周期が整い、健康な肌に生まれ変わることが期待できます。
また、セラミドには肌のバリア機能をサポートする働きがあります。セラミドにも複数種類がありますが、ヒト型セラミドは人の肌になじみやすく、バリア機能をサポートする働きがあります。こういった化粧品でケアをするのもよいでしょう。

クナイプのビオオイルで美肌に

クナイプのビオオイルはリーズナブルな価格で美肌ケアができるオイルです。
天然成分100%のオイルなのでお肌が弱い人でも安心して使うことができます。
ボディケア、フェイスケア、ヘアケア、ネイルケアと様々な使い方ができます。

洗顔後すぐに使うとその後に使う美容液などの浸透力を高めてくれる効果も期待できます。
ニキビがあっても使いやすいオイルで、お肌の修復力を高めてくれます。
ポイントメイク落としとして使用するのもおすすめのオイルです。

クナイプのビオオイルは、お肌の代謝を整えてくれる働きが期待できます。
乾燥を防ぎながらターンオーバーを回復させてくれるオイルです。
保湿効果も高いので、カサカサしたお肌が潤います。

グレープフルーツの香りがするオイルは、香りで癒される効果も期待できます。
ビオオイルはビタミンA、ビタミンE、ビタミンCがたっぷり配合されています。
傷跡の修復にも役立ってくれます。

背中にニキビが出来やすい人は、ニキビができやすい部分にクナイプのビオオイルを塗ることで
ニキビになりにくいお肌に整える事ができます。
クナイプのビオオイルはローズもありますが、グレープフルーツのほうが肌トラブルの緩和にはおすすめです。
ローズはエイジングケアにおすすめのオイルになります。

妊娠線予防にも使うことができるオイルなので、丁寧にマッサージしてお肌のケアをしてみてください。

全成分はサフラワー油・オリーブ果実油・グレープフルーツ果皮油・ヒマワリ種子油・トコフェロールとなっています。

DUOザクレンジングバーム